bankruptcy goods-purchase

倒産や閉店に伴う在庫、いわゆる倒産品の買い取りを行なっているリサイクル業者は沢山ありますが、日本国内では中々値段が付かずリサイクル業界の由々しき問題になっています。 そこでこちらのページでは、日本国内での倒産品や余剰在庫のリサイクルの現状や東南アジアの需要と供給について書かせて頂きます。 はじめに 東京リサイクル家は、フィリピン、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスなどの東南アジアに日本の物を輸出し、販売するルートを持っておりますので、日本国内のリサイクル業者では買い取りできない物でも積極的に買い取りをしています。 買い取りしている物は、企業の倒産品や在庫品だけでなく、家具、家電、雑貨、事務機器など幅広く買い取りしており、需要に合わせて東南アジアの各国に輸出しています。 日本国内における倒産品や在庫の現状とは? 大量にある倒産品、余剰在庫を買い取りする業者は、ほとんどが同業者かリサイクル業者になります。 しかし、同業者の場合は足元を見られて買い叩かれる可能性がありますし、リサイクル業者の場合は転売を前提としていますので、物によっては買い取りそのものができないということが間々あります。 弊社も東南アジアに販売ルートが確立するまでは、倒産品や余剰在庫は日本国内での転売が非常に難しい為、中々手を出せない状況でした。 つまり、日本国内の中古市場では倒産品や余剰在庫はほとんど値段が付かないのが現状なのです。 なぜ東南アジアには需要があるのか? フィリピン、カンボジア、ベトナム、ミャンマー、ラオスなどの経済成長が著しい新興国では、インフラ整備の向上に伴いホテル、ショッピングモール、飲食店、事務所などが増え様々な物資を必要としています。 もちろん国や地域によって物資の需要は異なりますが、日本の物は精密かつ頑丈で長持ちする物が多い為、倒産品や余剰在庫など日本では売れない物や古くなってしまった物でも非常に重宝されています。 従いまして、東南アジアに日本の倒産品や余剰在庫などの需要がある理由は、経済成長に対して物資の供給がまだまだ追いついていない状況だからです。 倒産品や余剰在庫を東南アジアに輸出するメリットとは? 自社の物を東南アジアに輸出することは、経験がない方にとっては少なからずご不安もあるかと存じ上げます。 しかし、倒産品や余剰在庫を日本国内で処理するとなると同業者に叩き売るか、産業廃棄物としてお金を払って廃棄せざる終えないのが現状です。 つまり現状を良い方向に変える為には、今までにない新しいアイデアと斬新な取り組みが必要になるのです。 また繰り返しになりますが、日本の物は一部の東南アジアでは非常に重宝されています。 従いまして、倒産品や余剰在庫を東南アジアに輸出するメリットとは、単に日本の物を海外に輸出し売買するということだけでなく、欲している人々にきちんと提供でき、それが東南アジアの経済成長や支援につながり喜ばれることなのです。 これからの地球に求められるものとは? 日本では再販や再利用ができない物であっても、東南アジアには喉から手が出るほど欲している人々が沢山いるのが現状です。 そういったことから私ども東京リサイクル家はそこに着目し、単に日本で売れない物を外国に売るという考えではなく、東南アジアに物資を供給して経済成長を支援するということを念頭に置いて活動しております。 また東南アジアに輸出することによって、日本のゴミ問題を緩和しつつ、新興国の発展を支援するという一石二鳥の形になります。 これからの地球に求められるものとは、国という垣根を超えて、人種に関係なく助けあっていくことが必要であり、我々はその精神が地球を救うということを確信しております。 関連記事 倒産品だけでなく、余剰在庫や不良在庫についてお悩みの方もいらっしゃると思います。 下記に在庫の買い取り事例や、在庫を抱え続けることによって発生するデメリット、在庫を損切りすることによって得られるメリットなどを様々書かせて頂きましたので、ご興味がある方は是非こちらも合わせてお読みください。 余剰在庫や不良在庫についてお悩みの方はこちらをクリック まとめ ◯... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!