2017年 9月 の投稿一覧

【池袋の不用品回収】お片付けのビフォーアフターを大公開!

disused article recovery

池袋の豊島区役所の近くにある建物で、民泊を運営していた業者様から不用品回収のご依頼がありました。 片付けるのは二階のお部屋のみという珍しいご依頼でしたので、今回はお片付けのビフォーアフターを書かせて頂きたいと思います。 一通りお読み頂きますと、不用品回収の全体的な流れがお分かり頂けますので、不用品回収をご検討されてみえる方はぜひご覧になってください。 現場に突入 裏手の階段から不用品を回収する二階へと上がって行きます。 池袋の家が密集している独特な幅が狭まっている入り口でした。 いくつかお部屋があります。 池袋で民泊のお片づけは初めてなので少しワクワクします。 お部屋① お部屋② お部屋③ お部屋④ お部屋⑤ その他にお風呂やトイレもありましたが、そちらに関してはお片付けする物はありませんでした。 お片付け開始 トラックの荷台を利用して、二階からドンドン下へ荷物を降ろして行きます。 大きな荷物も難なく降ろしています。 コンビネーションが良く見ていて頼もしいです。 このやり方であれば、周囲にご迷惑をおかけすることなく安心安全です。 回収した荷物 トラックの箱が荷物でいっぱいになりました。 本日は炎天下で最高気温35度の真夏日になり、スタッフ一同汗びっしょりでした。 片付いたお部屋の様子 綺麗にお部屋が片付いています。 お部屋①(アフター) お部屋②(アフター) お部屋③(アフター) お部屋④(アフター) お部屋⑤(アフター) 所要時間 所要時間は計8名で約4時間。(池袋までの移動時間は除く) 荷物の搬出、清掃、エアコンの取り外しが主な作業でした。 ご覧頂いた通り荷物はすっかりなくなり、お客様にもお喜び頂けました。 買い取りできた物 今回はテレビを買い取りさせて頂きました。 その他の物は年式が古かったり、痛みがあり買い取りできませんでしたが、少しだけ海外(東南アジア)に輸出できそうな家具があり、そちらにつきましてはメンテナンスをすれば何とかなりそうでしたので無料で回収させて頂きました。 お見積もりは無料 今回は池袋でのお仕事でしたが、弊社は東京だけでなく、埼玉、千葉、神奈川と関東エリアで幅広く不用品回収や引っ越し業務を行っております。 買い取りできる物はきっちり買い取りさせて頂きますし、日本では再販が難しい物でも海外に輸出できそうな物は無料で回収させて頂いております。 もちろんお見積もりは無料(関東エリアのみ)で行っておりますので、不用品回収や引っ越しのご予定がございましたら、お気軽にお問い合わせください。 弊社の強み 弊社は不用品回収や引っ越しだけでなく、リサイクルショップの運営、日本の物を東南アジアに輸出しオークション会場で販売するルートも持っております。 ですので、通常のリサイクル業者さんよりも処分費はお安く、買い取りできる物は相場よりも高く買い取りすることができます。 エコの観点からも無駄がありません。 日本の環境問題の改善、東南アジアの物資不足の解消、さらに現地の雇用も促進するという一石三鳥の仕事であり、地球の環境問題の改善や貧困層を救う将来性のある取り組みだと自負しております。 不用品回収を検討されてみえる方へ 不用品回収は大きく分けて再利用できる物の買い取りと、産業廃棄物として処分する物の二つになります。 そういった背景から、通常であれば買い取りと処分を分けて業者に依頼されるケースが多いのですが、海外に輸出できるルートがない業者にあたってしまいますと処分費が高くなり、どうしても出費の方が嵩んでしまいます。 しかし弊社では、そのようなことがないように買い取りと処分だけでなく、海外に輸出できる物は極力無料で回収をさせて頂いております。 こういった取り組みをしている理由は、東南アジアの一部の地域では物資が不足しており、日本の物を輸出すると大変喜ばれる現状が未だに続いているからです。 着る服や履く靴が満足にない、食器やコップ、テーブルやイスといった食事で使用する物が不足している等、リサイクル品であっても日本の物資を必要としている人達はまだまだ沢山います。 私どもはそんな方々を目の当たりにしていますので、少しでも支援することができるように海を越えてリサイクル事業を拡大し続けています。 もしそういったリサイクル事業や海外支援にご共鳴頂けましたら、ぜひ弊社にお声掛けください。 まとめ ○... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

東京リサイクル家だけのプロの業!
Menu