5c13799a2b105eb3689433c035179e8d_s

高齢化社会や核家族化が進み、空き家の問題が深刻化し、クローズアップされるようになってきました。 その影響で空き家にある残置物の片付け、いわゆる遺品整理、不用品回収、不用品買い取りなどの依頼が年々増えてきています。 しかし初めて空き家の問題に直面する方の中には、どうしたらいいのかお悩みの方もいらっしゃると思いますので、こちらのページでは空き家を抱えることによって背負うリスクと、その解決策を一通り書かせて頂きたいと思います。 空き家の三大リスクとは? 空き家を抱えることによって背負うリスクは大きく分けて3つありますので、それぞれ書かせて頂きます。 リスク①特定空き家と認定される可能性がある あなたは特定空き家と言う言葉をご存知でしょうか? 特定空き家とは簡単にお伝えしますと、固定資産税の優遇措置が撤廃されて、従来の最大6倍の税金がかけられる空き家のことです。 それだけではなく、地方自治体から解体工事の指導や勧告ができるようになり、もし指導や勧告に従わない場合は、強制代執行による強制解体工事を行うが可能になりました。 つまり、近隣から苦情が入るような空き家については市町村から指導が入り、もしその指導に従わなければ市町村の権限でその空き家を壊すことができるのです。 解体工事の費用は後々請求されて、持ち主が負担することになります。 空き家を放置し続けて何かしら問題が起きた場合、特定空き家に認定されて大きな不利益を被る可能性があるのです。 リスク②建物が崩れて近隣の住民に迷惑をかける可能性がある 空き家を長らく放置すると、雨漏りやシロアリなどで建物が痛んできます。 管理する人が全くいない状態ですと、建物の損傷具合いがわからないので非常に危険です。 特に豪雨、台風、地震などで建物が崩れた場合、近隣の人や通行人に思わぬ被害を与えてしまう危険性があります。 リスク③放火される可能性がある 空き家の問題が年々深刻化し、保険会社は空き家に対して、火災保険の受け入れを拒否するようになってきました。 理由は、誰かのタバコのポイ捨てや、イタズラによる放火などで建物が燃えてしまうケースが年々増加しているからです。 建物が火事になると近隣の住民に多大な迷惑をかけてしまいますので注意が必要です。 空き家のリスクを回避する方法とは? 空き家は様々なリスクがありますが、そのリスクを回避する方法がありますので、お伝えさせて頂きます。 残置物を片付ける 空き家に残置物が沢山あると害虫が発生して建物を食い散らかしたり、放火されると非常に燃え易くなりますので、残置物が沢山ある場合は定期的に空き家を見に行ってお片付けされることをお勧めします。 地域のゴミの日や、トラックをレンタカーで借りて市町村のゴミ処理場に持ち込めば安く処分することができます。 もし、残置物の量が多い場合や建物の痛みが激しくて危険が伴う場合など、ご自身で処分することができない場合は片付け(不用品回収)の専門業者に依頼して片付けてもらうようにしましょう。 建物を解体して更地にする 空き家を放置しても固定資産税が掛かったり、放火されるリスクがありますので、思い切って建物を解体して更地にするというのも一つの手段です。 更地にすることによって土地として売れる可能性がありますし、アパートを建たり、駐車場にしたりして、再利用することができる可能性もあります。 どちらにしましても建物を解体すれば、近隣の住民から苦情がきたり、迷惑をかけることがなくなりますので、空き家を解体する方が年々増えはじめています。 市町村空き家バンクに登録する 市町村が運営する市町村空き家バンクは、空き家対策に力を入れており、空き家を買い取りたい人をホームページで集客しています。 うまくいけばそのまま売れる可能性がありますので、空き家バンクに登録して売れるかどうかを試してみるのも一つの手段です。 ちなみに市町村空き家バンクはまだまだ利用率が低く知名度もそんなにありませんが、自治体の運営なので営利目的ではない為、空き家バンクへの費用は必要なく安心して利用できる制度です。 また、一部の自治体では補助金制度を設けているところがあります。 この補助金制度は大きく分けると、空き家の所有者向けと移住者向けにあるのですが、解体費用の補助金やリフォーム費用の補助金など両方をカバーする自治体もあります。 ただし補助金の額や条件は自治体によってかなり違いがあり、まだまだ統一されていない状態です。 最後に 空き家を放置すると様々なリスクがありますので、今回書かせて頂いた情報をご活用頂けましたら幸いです。 ちなみに東京リサイクル家では、空き家の残置物の処分や買い取りできる物があれば買い取りさせて頂き、再利用できる物は東南アジアに輸出し有効活用しております。 もし空き家の残置物の回収、解体工事、お引っ越しなどでわからないことがございましたら、お気軽にご連絡ください。 ... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!