在庫買取

【業務用品の処分&買取】東京リサイクル家にお任せください!

c5eee3082362cb09552ce7123c064d64_s

オフィスの移転などに伴う、使わなくなった業務用品の処理はなかなか大変なものですが、そんな時は、リサイクルショップの買い取りサービスをお役立て頂くのが便利です。 そこでこちらのページでは、業務用品を処分する際に大変便利なリサイクルショップをおすすめする理由と便利な買い取りサービスについてご紹介させて頂きます。 業務用品をリサイクルショップにお任せ頂くのが良い理由とは? 使わなくなった業務用品の処分を請け負っている業者は沢山ありますが、その中でもリサイクルショップにお任せ頂くのがおすすめです。 ここからは、その理由についてご説明させて頂きます。 廃棄にかかる費用を抑えることができる 使わなくなった業務用品を廃棄する場合、通常は産業廃棄物業者に依頼しなければなりませんが、その際かなりの費用がかかってしまいます。 その点、リサイクルショップにお売り頂きますと、そうした費用を抑えることが出来ます。 高く売れる可能性がある 買い取りしている商品の幅が広いことはリサイクルショップの特徴のひとつですが、業務用品の買い取りにも力を入れているリサイクルショップは多いので、物によっては高く売れる可能性があります。 中でも年式が新しく状態が良い業務用品は、思わぬ高値がつくこともありますので、廃棄する前に一度リサイクルショップに見積もりしてもらいましょう。 リサイクルショップが力を入れて買取している業務用品とは? ここからは、リサイクルショップが力を入れて買い取りしている業務用品についてご紹介致します。 電化製品 業務用のエアコンや洗濯機、掃除機をリサイクルショップは力を入れて買い取りしており、高く売れる可能性があります。 他に厨房などで使用する大型の冷蔵庫、製氷機、ショーケースなども需要があるため、多くのリサイクルショップが力を入れて買い取りしております。 OA機器 リサイクルショップは、FAXやコピー機、プリンター、複合機、タイムレコーダーといったオフィスを中心に使う機会の多いOA機器の買い取りに力を入れております。 その他にも、オフィスで使用するような業務用のパソコンや周辺機器、プロジェクター、スクリーンなども力を入れて買い取りしております。 家具 デスク、オフィスチェア、棚、ロッカーといったオフィス家具や応接セットなど、様々なオフィス家具の買い取りもリサイクルショップは行っております。 中でも、テーブルと机のセットや人気メーカーの家具、デザイナーズ家具は需要があることから、高く売れる傾向にあります。 こんな業務用品も買い取り中! リサイクルショップは、メーカー保証の期間が切れてしまった電化製品やリース終了後のオフィス用品の買い取りも行っております。 ですので、古い物や使用感のある物でも、廃棄する前にリサイクルショップに見積もりしてもらうのがおすすめです。 ※ただし、状態があまりにも悪い物や製造から10年以上経っている物など、買い取りが難しい物もございます。 使わなくなった業務用品は「東京リサイクル家」にご相談ください! 弊社「東京リサイクル家」は、業務用品の買い取りに力を入れているリサイクルショップです。 買い取りしている商品の幅が広く、様々な業務用品の買い取りを行っております。 また見積もりだけの場合でも、オフィス、倉庫、お店などに無料でスタッフがお伺いして査定致します。 手間いらず!出張買取とは? 業務用品の買い取りに大変便利なのが、「出張買取」サービスでございます。 これはオフィス、倉庫、お店など、ご指定の場所にスタッフがお伺いし、その場で査定、買い取り、運び出しを行う便利な買い取りサービスです。 お売り頂く業務用品の点数が多い場合や、大きく重たい業務用品をお売り頂く場合によくご利用頂いております。 また業務用エアコンや洗濯機などの取り外しが必要な物は、責任を持って取り外しまでスタッフがしっかり行っておりますのでご安心ください。 もちろん見積もりは無料ですので、お気軽にご連絡ください。 出張買取ご利用の流れ ここからは、出張買取ご利用の流れをご説明させて頂きます。 まずホームページ上のお申し込みフォームやお電話、メールなどでご都合の良い日時や場所、お売り頂く商品についてお知らせください。 次に事前にご連絡頂きました日時、場所にスタッフがお伺いして査定致します。 この時、商品の説明書や保証書、付属品などがございましたら、合わせてご準備ください。 査定完了後、査定額を提示させて頂きますので、ご希望と折り合いましたら買い取り成立です。 その後、スタッフが商品の取り外しや運び出しを行います。 ご希望と査定額が折り合わない場合は、無理にお売り頂く必要はございません。 弊社「東京リサイクル家」は、買い取りが成立しない場合でも手数料や出張料は一切頂きませんのでご安心ください! まとめ 業務用品をリサイクルショップにお任せ頂くのが良い理由とは ・廃棄にかかる費用を抑えることができる ・高く売れる可能性がある 弊社「東京リサイクル家」は、業務用品の買い取りを幅広く行っております。 また出張買取サービスにつきましては、土日、祝日はもちろん、朝早い時間や夜間、雨の日なども対応しておりますので、お使いでない業務用品がある場合は是非ご連絡ください。 ... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

在庫の買取なら海外にルートを持つ東京リサイクル家にお任せください!

stock-purchase

会社の財務状況に大きな影響を与える要因の一つとして、過剰在庫や長期在庫の問題があります。 どれだけ他の事業が順調だったとしても、過剰在庫や長期在庫を抱え続けているとキャッシュフローが苦しくなるからです。 そこでこちらのページでは、過剰在庫や長期在庫をなるべく早く売りたいと考えている方の為にお役立ち情報を書かせて頂きます。 リサイクル業者の在庫買取の現状とは? セールをしたり、バーゲンをしたり、価格を思いきって下げてネットに掲載したり…。それでも日本で売れなかった物は、やはりリサイクル業者であっても売り先がないので商品として売るのは至難の技と言えます。 そういったことから、一昔前のように大量の在庫を買う日本のリサイクル業者は激減してしまいしました。 しかし、ほんの一部ではありますが、海外に販売ルートを持つリサイクル業者は今でも積極的に在庫の買取に力を入れています。 東南アジアなら日本の在庫は売れる可能性が十分にある 海外の中でも一部の東南アジアでは、まだまだ物資が不足している地域が沢山ありますので、日本の物は品質が良いので非常に喜ばれます。 例えば、フィリピン、カンボジア、タイ、ベトナム、ラオスなど、日本の物を必要としている国は沢山あります。 とは言え、その国その国によって売れる物、売れない物、言葉の壁、取り引きのルール、国民性、文化の違いなどがありますので、それらを擦り合わせながらニーズに合った物を的を得て輸出する必要があります。 ただ東南アジアの多くの方々は、中古品いわゆるリサイクル品に対して日本人ほど抵抗がないので、そんなに高くは売れませんがまだまだ需要はありますので、海外に販売ルートを持つ一部のリサイクル業者は引く手数多の状態になっています。 東京リサイクル家は東南アジアに販売ルートがある 私ども東京リサイクル家は、10年という時間をかけて、フィリピンやカンボジアを中心に日本のリサイクル品を販売するルートを確立しました。 ただし何でも販売できるわけではありませんが、日本の企業が頭を悩ましている過剰在庫や長期在庫、倒産品などは需要がありますので、弊社はそういった物の買い取りに力を入れています。 在庫の買い取りに関しましては、スピード見積もり、スピード買い取りを心がけ、どこよりも高く買い取りさせて頂きたく思いますので、在庫でお悩みの際はぜひお気軽にお声がけください。 お見積もり前の注意点:その① お見積もりの際は、店舗や倉庫に直接呼んで頂く形でも大丈夫ですが、在庫リスト... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

在庫処分、在庫買取なら東京リサイクル家にお任せください!

inventory disposal

在庫はたまればたまるほど倉庫や事務所を圧迫し、キャッシュフローにも悪影響を与える危険性があります。 とは言いましても、在庫を無理に少なくするということは購入単価の上昇や利益の減少などデメリットにつながってしまうことも事実です。 そこでこちらのページでは、「東京リサイクル家」が在庫処分、在庫買取について一通りお役立ち情報をお伝えさせて頂きます。 在庫処分の方法を徹底検証 在庫処分にはいくつか方法がありますので、まずは比較して頂く為によくある在庫処分の方法を書かせて頂きます。 セールを行う セールを行い、販売価格を大幅に下げて在庫を販売する方法です。 ・メリット 販売価格をグン下げて販売するとは言え、売り上げがあれば業者などに在庫処分を依頼するよりも費用を抑えることが出来ます。 また販売方法によっては、短時間で在庫処分をすることが出来るというメリットもあります。 ・デメリット セールをする為の人件費や運営費がかかるので、思ったよりも経費がかかってしまうことがあります。 他にも一度に全てを売り切れるとは限らないので、在庫を完全に処理するまでに時間が読めないというデメリットがあります。 さらにお店や商品ブランドに「安売りされている」という良くないイメージがついてしまうこともありますので、販売方法やルートを注意深く選ぶ必要があります。 専門業者 在庫処分を専門に行っている業者に依頼するという方法です。 ・メリット 在庫処分のプロですので、買い取りもしくは引き取りしている在庫の幅が広いのが特徴です。 ・デメリット 在庫処分を請け負う専門業者の中には、引き取った在庫を不正に処分したり販売したりする所もあります。 場合によっては依頼した側も責任を問われることがありますので、買い取り金額だけでなく、会社の健全性や信頼性も選ぶ際に注意が必要です。 不用品回収業者 不用品回収業者に在庫を引き取ってもらう方法です。 ・メリット 法に触れない物であれば、割とどんなものでも引き取ってもらうことが出来ます。 不用品回収業者は引き取りに時間がかからないことが多く、他の在庫処分の方法に比べて依頼してから比較的短時間で在庫を処理してくれます。 ・デメリット リサイクルショップや専門業者のように買い取りするということが出来ない場合が多い為、処分を依頼する在庫の量が多ければ多い程費用が高くついてしまいます。 ですので、品質が悪い、長期間保管していた為に買い手が全くつかないといった在庫を処分する際に最終手段として利用する場合がほとんどです。 稀に手数料などを不正に請求する悪徳業者や、山や川に不法投棄をする悪徳業者もいます。依頼した側も責任を問われることがありますので注意が必要です。 在庫処分、在庫買取に東京リサイクル家が適している理由とは? 意外に思われるかもしれませんが東京リサイクル家は在庫処分、在庫買取も請け負っております。 そこでここからは、東京リサイクル家に在庫処分、在庫買取を依頼するのがおすすめの3つの理由についてお伝え致します。 その①未使用品、未開封品を高額買取 他の業者やリサイクルショップとの大きな違いは何と言っても、在庫をただ回収して廃棄するのではなく、高く買い取りしていることです。 高く買い取りできる理由は、国内だけでなく、東南アジアにも販売ルートを持っているからです。 特に「未使用品」「未開封品」といった状態の良い在庫の買い取りに力を入れているのが東京リサイクル家の特徴です。 その②サービスが充実している お客様のニーズに合わせてきめ細かいサービスを提供しているのが東京リサイクル家です。 ここからは、在庫処分、在庫買取に対して東京リサイクル家が行っている便利なサービスをご紹介致します。 ・出張買取 買い取りしてもらいたい在庫の点数が多い場合や、大型で持ち運ぶのが大変な場合は、事務所や店舗に来てもらう「出張買取」が便利です。 お電話やメールでご都合の良い時間や場所をご予約頂きますと、スタッフがお伺いして、査定、買い取り、商品の引き取りまで全て行います。 特に時間をかけずに素早く在庫を売りたい場合は、日程に合わせてスピード査定並びに買い取りを行いますので、お電話やメールにてご相談ください。 ・定期回収買取 これは在庫の量に関わらず毎週決まった日にトラックで在庫回収を請け負うというサービスです。 定期的に出る在庫を処分したい場合や、在庫の量が多く処分したいが持ち運びするのが難しいといった場合に手間や時間をかけずに処分するのにぴったりです。 「定期回収便」は回収日の2日前までにご連絡頂きますとお休みすることも出来ますので、在庫がない場合は無理に買い取りしてもらう必要はありません。 ・店頭買取 在庫の量がそれ程ない場合は、お店に直接お持ち頂く「店頭買取」サービスが便利です。 ただし、物によってはお見積もりに時間がかかってしまうこともありますので、なるべくお電話やメールなどで事前にご連絡頂いてからご来店頂きますとスムーズです。 ・在庫以外の商品買い取りサービス 在庫以外にも買い取りしてもらいたい商品をお持ち場合もお気軽にご相談ください。 ほとんどのリサイクルショップは在庫かどうかにかかわらず使わなくなった物の買い取りを合わせて承っております。 在庫処分をするついでに査定してもらうことも出来ますし、お店に発送して買い取りしてもらう「宅配買取」などもご利用頂くことが可能です。 宅配買取を希望する場合は、お電話もしくはメールフームから直接お問い合わせください。 その③幅広く在庫品を買取している 様々なジャンルの在庫品を幅広く買い取りしていることも東京リサイクル家ならではの強みです。 買い取り対象商品は、電化製品、衣類、アクセサリー類、生活雑貨、オフィス用品、おもちゃなど多岐にわたります。 特に通常のリサイクルショップではなかなか買い手がつかないような物でも積極的に買い取りをしています。 その理由は、東南アジアに独自の販売ルートを持っており、日本では買い手がつかない物でも海外で活かす方法を熟知しているからです。 ですので、在庫処分、在庫買取でお悩みなら、ぜひ「東京リサイクル家」にお任せください。 在庫処分を依頼する時のコツとは? 先程はあらゆる面で在庫処分や在庫買取は、東京リサイクルショップに依頼するのがおすすめであることをご紹介致しました。 そこでここからは、在庫処分や在庫買取を依頼する際のちょっとした豆知識やコツをご紹介致します。 在庫を整理整頓しておく 在庫を整理整頓しながらお掃除をしておきますと、査定スタッフが受ける印象が良くなり、高く買い取りしてもらえる可能性がありますので、出来る範囲で見積もりや査定しやすい環境にしておきましょう。 また長期間保管していた在庫ですと、湿気やほこりなどで商品が劣化している可能性があります。 在庫の点数が多い場合は、特に劣化してしまった物とそうでない物を仕分けしておくだけで査定スタッフの受ける印象が良くなりますので、商品の仕分けや掃除はなるべくするようにしてください。 稀に足の踏み場もない倉庫や事務所での見積もり依頼がありますが、少しでも高く売りたいとお考えの場合は在庫の整理整頓や掃除はしておいた方が良いです。 相見積もりを取る ここまで手前味噌の情報提供が多かったのですが、弊社以外のお店にも見積もりを取られることをおすすめ致します。 と言いますのは、物によってどうしても得意、不得意がどの業者にもあるからです。 例えば、弊社より買い取り価格が高い場合もあるかもしれませんし、場所によっては運搬費用や手数料が安い業者がいるかもしれないからです。 ですので、相見積もりを取って最終的にトータルでいくらになるのか!をしっかりと確認しておく必要があります。 他にも実施されている買い取りサービス、キャンペーン、スタッフの対応、会社の健全性や安全性などを比較して一番良いお店を選んでください。 まとめ ○... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

えっ!本当?在庫をサッとお金に変える東京リサイクル家の斬新な方法とは?

stock-disposal

在庫を大量に抱えてしまっている企業にとっては、できる限り早く在庫を処分し、少しでもお金に変える。ということは切実な課題と言えます。 そこでこちらのページでは、在庫でお悩みの企業様の為に、東京リサイクル家が在庫を抱えることによって発生するリスクと、在庫をお金に変える斬新な方法をお伝え致します。 はじめに 在庫の処分は、ほっておくと金銭的損失が徐々に拡大していきますので、被るかもしれない諸々の金銭的リスクについて、しっかり把握しておくことは非常に大切です。 ですので、まずは在庫を抱え続けるリスクについて少し書かせて頂いてから、在庫をサッとお金に変える斬新な方法を書かせて頂きます。 在庫処分を行わないことによって被るかもしれないリスクとは? いかなる企業においても利益は、売り上げを差し引いて算出する為、当たり前ですが在庫は少なければ少ないほど利益は高くなりますよね。 とは言いましても、在庫処分は損切りになるので中々思い切って手が付けられない…。 しかし在庫として残っている以上、売れなかったということですから、どう処分したらいいのか悩むところだと思います。 そんな悩みの種である在庫の処分は、何かと面倒なのでついつい後回しにしてしまいがちですが、大量の在庫を抱えてしまいますと様々な金銭的リスクが発生します。 例えば、キャッシュフローの悪化、在庫を保管する為のスペース、在庫を整理したり移動したりする人件費などです。 これらは当然ですが、長期間になればなるほど費用がかさみ、損失として積み上がっていきます。 そして長期間在庫として保管された商品は品質が劣化したり、商品価値が下がったりしてしまいます。 特にアパレル商品には季節商品や流行がありますし、食品には賞味期限がありますので、在庫として保管する期間が長ければ長いほど会社の損失は大きくなります。 従いまして、在庫の処分を行わないリスクとは金銭的な損失が積み上がっていくことです。 思い切った在庫処分の仕方とは? 在庫の処分の仕方は様々な方法がありますが、決断までに時間が掛かれば掛かるほど損失は拡大していきます。 そこでここからは、思い切った在庫処分の方法を書かせて頂きます。 海外に輸出する 日本では売れない物でも、フィリピン、タイ、カンボジア、ベトナム、ラオスなどの一部の東南アジアでは人気があり売れる物が多々あります。 そういったことから東京リサイクル家では、東南アジアに独自のルートを持っており、毎月多くの物を輸出して在庫を抱えている企業様のお悩みを解決しております。 セールで叩き売りをする セールをして販売価格を極限まで下げ在庫を叩き売り出することで一斉に処分できれば、少ないとは言え売れれば最も素早く売り上げを出しつつ在庫を処分することができます。 しかし、セールは人件費や運営費が掛かってしまう点と、一度に全てを売り切れるとは限らない。というデメリットがあります。 産業廃棄物として廃棄する あまり選択したくない方法ですが、全ての在庫を一斉に処分できるので、在庫の状況によっては使えなくなっていたスペースや、在庫に掛ける諸々の費用(損失)を無くすことができます。 たたし、数が多いと費用がかなり高くなってしまうところが難点です。 しかし産業廃棄物業者に依頼すれば、時間を掛けることなくすぐに処分できるので、時間がない方にとっては悩むところではありますが、損切りの最終手段と言えます。 結局どう処分するのが一番いいのか? 先ほどは思い切った在庫処分の仕方を書かせて頂きましたが、結局一番いいのは在庫を少しでもお金に変えることではないでしょうか? となるとセールをしても元々売れなかった物ですので、どんなに販売価格を下げてもまた売れない可能性は十二分にありますし、産業廃棄物として処分すると高い費用が掛かる…。 そう考えますと在庫を海外に輸出し、リサイクル品として販売することが一番お金になる可能性があります。 しかし、在庫を輸出するにはノウハウやルート、交渉力や販売力が必要になりますので、全く取り引きをしたことのない相手に売ることは容易ではないでしょう。 そういったことから、東京リサイクル家ではそんな企業様の為に在庫を海外に輸出するお手伝いもしていますので、お気軽にご相談ください。 在庫を海外に輸出することをお勧めする訳とは? 海外に在庫を輸出することは、もしかしたら経験がない方にとっては、少なからずご不安もあるかもしれません。 しかし、在庫を国内で処分するとなると二足三文で叩き売るか、産業廃棄物として高いお金を払って処分するしかありません。 つまり現状を良い方向に変える為には、今までにない新しいアイデアと取り組みが必要なのです。 また日本の物は、中古であっても一部の東南アジアでは非常に喜ばれます。 従いまして、在庫を海外に輸出することをお勧めする訳とは、お金になるということだけでなく、国は違えど必要として喜んでくれる方に提供できることです。 ワンポイントアドバイス 在庫を海外に輸出するには、確実に信頼できる業者がいないと成立しません。 なぜなら悪徳業者が横行していますので、荷物の量をごまかされたり、お金を払ってくれなかったりすることが間々あるからです。 ですので、海外に輸出する際に一番大切なことは金額面ではなく、信頼関係だということを覚えておいてください。... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

法人様の余剰在庫、不良在庫の問題を買取専門「東京リサイクル家」が全て解決!

zaiko

消費者の多様化、たくさんの競合他社、不景気、成熟社会、次々と生み出される新商品、短期間で終わる流行。 そんな日本のマーケットの中でしのぎを削るメーカー、商社、問屋、小売業など、全てのモノを販売する法人、業者にとって余剰在庫や不良在庫のコントロールは利益を確保するための重要なキーワードになっています。 東京リサイクル家では、そのような余剰在庫、不良在庫のことでお悩みの法人様をサポートさせていただきます。 このような余剰在庫、不良在庫でお悩みのお困りの法人様はいませんか? ・以前仕入れた商品が大量に売れ残っているが買い手が見つからない。 ・新商品が発売される度に、旧モデルの商品の在庫がたくさん出てしまう。 ・在庫を処分したいけれど、代理店や販売店との契約上、日本で販売することができない。 ・商品の製造過程、配送中や保管中に一定の割合で傷物、B級品が発生するが、既存の取引業者に販売することができない。 ・会社を閉めようと思っているが現在ある在庫を一斉に処分したい。 このようにお考えの経営者様、商品管理責任者様がいらっしゃいましたら一度、在庫処分を具体的に検討してみてはいかがでしょうか? 在庫を滞留することによる企業のデメリット 企業にとって余剰在庫や不良在庫を長く保有していると帳簿上は資産として経常されているために黒字になっていても、実際それが売れることがない滞留在庫の場合、下記の理由により経営を悪化させる原因となります。 ・保管するための倉庫代や倉庫内の物流効率の悪化におけるコストの増加。 ・すべての商品の仕入れから販売が完結しないため、商品の利益率が不透明になり次の戦略が打ち出せない。 ・キャッシュが滞納することにより売れ筋商品の仕入れ財源にも影響する。 ・明確な利益が判然としないため、従業員の「コスト」「利益」という意識が低下する。 せっかく仕入れした商品を在庫を損切りすることはとても勇気のいる決断ですが、これらのデメリットも生じてしまいます。経営者として総合的に比較検討し、どちらが最終的に利益につながるかを判断していかなくてはなりません。 余剰在庫、不良在庫を買取依頼することによるメリット 一見、滞留した不良在庫や余剰在庫を滞留させることはは、売上的には損をしているように見えても、上記と比較すると実は損切りした方がメリットが大きい場合も多々ございます。具体的にはどのよなメリットがあるのでしょうか? 倉庫内の物流効率の向上。 その商品の売買における利益または損失が明確化する。 在庫をさばいたキャッシュで、次の売れ筋商品の仕入れ資金として運用できる。 従業員の「仕入れ原価」「コスト」「利益」が明確化し、利益を追求するための意識が向上する。 つまり、在庫処分は損切りという言葉の通り、「損」し続けていたこを「切る」ことにより、次の積極的な行動に移すためのきっかけであるとも言うことができます。 在庫買取品目一例 東京リサイクル家では様々な在庫買取を実施しております。 下記の品目以外も幅広く一括現金買取しておりますのでお気軽にご相談下さい。 電化製品 アパレル ブランド 生活雑貨 化粧品 ジュエリー おもちゃ、子供用品 店舗什器、厨房機器など 過去の在庫買取事例 東京リサイクル家では過去様々な在庫買取の実績がございます。 事例1 アパレル通販会社 大量の余剰在庫が季節の変わり目の4半期ごとに大量にでる。 事例2 大手通販会社 クーリングオフ、発送ミス、配達後のキャンセルの際に、お客様が一旦開封した新品としては売れないものがたくさん出る。 事例3 大手飲食チェーン店 各店舗の撤退、新店舗開店で使い回している、保管倉庫内の厨房機器在庫一式を全て買取、処分して欲しい。 事例4 物流会社 取引先の商品を輸送する際や保管中に外箱にダメージをつけた場合買取しなくてはならないが、そういったものが定期的にでてきてしまう。 事例5 大手パチンコチェーン店 景品として用意した様々な余剰在庫をまとめて買って欲しい。 事例6 アパレルメーカー 会社倒産で社内に在庫している全商品をまとめて買い取りして欲しい。 東京リサイクル家が在庫買取に強い6つの理由 東京リサイクル家がありとあらゆる職種の在庫買取に対応できるのには、下記のような独自の強みがあるからです。 1)... 続きを読む | 今すぐ共有しましょう!

東京リサイクル家だけのプロの業!
Menu